邪魔な侍エンジニア塾の記事をGoogleの検索結果で非表示にする

はじめに

Googleでプログラミングの事を調べるとやたらと検索に引っかかって上位に表示される「侍エンジニア塾」をGoogleの検索結果から除外して目に触れないようにしたいと思います。

対象ブラウザはChrome限定です。拡張機能の「ゴシップサイトブロッカー」で結果をブロックする形式です。前置きはいいよって方は最後の方まで飛んでください。

長めの前置き

このサイト以下のように問題があります。

  • 内容が薄い、無意味、不正確
  • 既存記事の内容の劣化パクリ?
  • タイトルに無関係の宣伝がたびたび挟まる
  • というか半分以上は宣伝
  • 登録しないと読めない記事が存在する
  • あらゆるキーワードで低品質な記事を大量生産しているため何を常に検索の上位に表示される

といった状態です。やりたい放題ですね。しかも対GoogleのSEOにやたら強く内容がスパム的で低価値なのにも関わらず公式のリファレンスやコミュニティより検索順位が上となっていて非常に邪魔です。

繰り返しになりますが「内容が極めて浅井・薄い」く「未検証の適当な記事が複数存在し」てて、内容が「長くなるように異様に水増し」されていて「それが検索の最上位」に表示されていざアクセスすると「登録しないと読めない」な狼藉を働いた上で、で独りよがりのビジネスのために検索結果を荒らしている状態です。

Toggeterに度々出る記事が非常に邪魔と、まとめ記事が出ていました。

togetter.com

炎上してます

2018年10月15日現在Twitter上では2重の意味で炎上状態しています。先述の(1) 低品質に乱造された記事でGoogleをSEOハック、(2) プログラミング学習のビジネスモデルがどうのこうの。後者は景品表示法に違反してるだとかなんとか。ちなみにここで取り上げる内容はすべて(1)を問題視してます。(2)は関知しません。

追記:このサイト、外部ライターにお金を出して低品質な記事を書かせまくってるみたいですね。5000字以上書けばSEO的に高評価になる?点を悪用し、内容が極めて薄いのに、迂遠な書き方でコンテンツを壮大に水増ししています。コンテンツ外の内容が挿入されているせいで無意なのに1万近く文字数があるページが量産されています。更に内容が未検証で問題のあるコードの記事も割とあるみたいです。「これは教材の一部を公開したものです」とか書いてありますがオイオイ…

また、被害カテゴリが簡単に確認しただけでも Python、ExcelVBA、Ruby、Node.js、Git、SQL、C#、Java、C言語、SQL、最近だとAIなどかなり広い範囲に広がっています。

なぜこのような迷惑行為を働いているかというと、

  1. エントリーレベルの初学者に検索結果からアプローチ
  2. サイト閲覧させて商材を勧誘、誘導
  3. プログラミング学習コースを買わせる

という手法を取っていると考えられます。検索結果を荒らした上に、初学者を食い物にするスタイルみたいですね。

面白いことに、ここ半年間くらいで懇切丁寧にITエンジニアからのヘイトを稼いでたので、発火後、数日では鎮火せず現在も絶賛炎上中です。

ゴシップサイトブロッカーで検索結果から除外する

というわけで、前置きが長くなりましたが、スパムは粛々とブロックしましょう。*1

但し、Chrome限定です。

まず、Google謹製の検索結果からドメインを除外できる拡張機能の「Personal Blocklis」はここ数か月でブロックが機能しなくなりメンテナンスもされていません。

そこで、同様の機能を持つ「ゴシップサイトブロッカー」という拡張を開発されている方がいらしたので、これを利用し検索結果から除外したいと思います。

開発者様のPRページ

導入方法ですが、まずChoromeに以下リンクの拡張機能をインストールします。

https://chrome.google.com/webstore/detail/gossip-site-blocker/mjojhcmecfehllhcjcbhkkpohadogplk

次に、Googleで「Python map」と検索して検索結果を表示します。

居ますね・・・・そうしたら、結果に「このページをブロックする」と出るのでここをクリックします。

f:id:Takachan:20181013001501p:plain

ダイアログが出るので、コンボボックスからより強い削除になる「ハードブロック」を選択します。

f:id:Takachan:20181013001626p:plain

直後に‥‥

f:id:Takachan:20181013001751p:plain

見事に消え失せました。これで少しは快適にブラウジングできようになります。

あーすっきりした。

最後に

今回は悪目立ちしていたサイトを例に挙げましたが、「Personal Blocklis」の代わりなのでこれに限らず好きなサイトをブロックすることができます。既にブロックリストがある人はこちらにブロックリストを引っ越してしまっても良さそうです。

*1:本当はGoogleにスパムを通報してからブロックしてほしいところですが…