PG日誌

受託系 PG が C# の事を書いています

VisualStudio 2013, 2015で.NET Framework 4.6.2を利用可能にする

だいぶ前に、VisualStudio2013へ.NET4.6.1の導入の仕方を書きましたが、.NET4.6.2がリリースされたので導入の手順を書きたいと思います。


概要

.NET4.6.2が2016年8月にリリースされました。今は、.NET4.6でも.NET4.6.1ともにサポート期間内で特に問題ないみたいです。ただ、まぁ、、、いつも通りある程度時間がたつと、古いバージョンが徐々に切り捨てられていく事になると思われるため、新規に開発する際はより新しいバージョンを使用したほうがよいかと思います。


サポートライフサイクルについて

SIer脳では大変重要なサポート期間の確認です。

ライフサイクルに関する FAQ - .NET Framework

Note:

2017年1月の時点で、.NET4.6, .NET4.6.1のサポートは継続中です。.NET4.6.2は記述見当たらないですね。


現在の状態

導入前に現在の状態を確認します。VSを立ち上げてソリューションもしくはプロジェクト作成画面で選択可能な.NETのバージョンを確認します。

f:id:Takachan:20170115162810p:plain

前回導入した4.6.1までしか表示されていません。


導入方法

MSのサイトから開発者キットをダウンロード

.NET Framework 4.6.2 Developer Pack リンク切れの場合「.NET Framework 4.6.2 Developer Pack」で検索お願いします。

そこから2つexeをダウンロードし実行します。 安全のためインストーラを起動する前にVisualStudioは閉じておきましょう。

f:id:Takachan:20170115164025p:plain

両方とも選択します。

f:id:Takachan:20170115164103p:plain

ダウンロードできたら、「NDP462-DevPack-KB3151934-ENU.exe」→「
NDP462-DevPack-KB3151934-JPN.exe」の順にインストールしていきます。


VisualStudioの再起動

VSが起動したらプロジェクト作成画面を確認します。

f:id:Takachan:20170115164945p:plain

特に問題なく利用可能になっています。


最後に

ライフサイクルサポートページに4.6.2の記述がないわ、Windows10は相変わらず普及しないわ、なんだか環境は超微妙ですね。.NET Coreはオープンソース化したりVisualstudio2015は大変出来が良いのでMSの担当チームごとに温度差を感じています。

関連記事