PG日誌

受託系 PG が C# の事を書いています

Windows10のアクティブウインドウに色をつける

マイクロソフトのごり押しに負けてWindows10にしたものの、今までのOS使用歴がVista → 7 → 8 → 8.1 → 10 で強制的にOSを変更させられて地雷ばっかり踏まされてばっかりなので少々辟易しています。

自宅のPCが不可抗力でWindows10に強制変更させられたのですが8.1にやっと慣れたのにこの仕打ちはなかなかひどいですね。

さて、本題ですがWindows10の初期テーマはアクティブウインドウの強調表示がされません。

こんな感じです。

f:id:Takachan:20160319214038p:plain

カスタムテーマやAeroLiteに変更するなどネット上ではあの手この手でどうにか昔の表示に戻そうとしていますが、Win10で完全に正常に表示されないので少し待ってください。

以下設定でアクティブウインドウに色を付けることができます。

デスクトップ > 個人設定 > 色

から

を選択して

スタート、タスクバー、アクションセンター、タイトルバーに色を付ける

オン

にしてください。

f:id:Takachan:20160319214450p:plain

そうするとアクティブウインドウのタイトルバーの一部に色ついて強調表示されるようになります。

f:id:Takachan:20160319214608p:plain

もっともWin10から追加された設定画面はこの動作が効かないみたいです。

ふざけてます。

あんな、うっすい青い線でアクティブかどうか見分けるとかどうかしていますね。


というか、フラットデザインだか何だか知らないですが、意識高い美大生の思い付きじゃないんだから前世代から視認性とアクセシビリティが低下するってどういうことなんですかね?