PG日誌

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PG日誌

主にc#の事を書いています

2016年にまだVisualStudio6.0を使ってる組織

Tool

2016年にもなってVS6.0が生きているらしい。

VisualStudio2015がリリースされましたね。今回はどんな機能が追加されているのでしょうか。会社で使てる環境も調査して、乗り換えを検討したいです。

c#だと乗り換えが結構簡単なんで、開発が続いているプロジェクトは出来れば乗り換えていきたいですよね。

その一方、いまだにVisualStudio6.0を使ってVC++6.0の開発をしているプロジェクトがあったりします。Microsoftさんの大口の顧客がVS6.0使ってるんですかね?信じられません。

Microsoftさんは本気です

MSDN
Windows Vista および Windows Server 2008 に対する Visual Basic 6.0 のサポートに関する声明

Visual Basic チームは、Visual Basic 6.0 アプリケーションが Windows Vista、R2 を含む Windows Server 2008Windows 7、およびWindows 8 でも "動作する" よう、その互換性に向けて努力を続けています。

マイクロソフトさん超本気です。マジでそんな努力するな。としか言いようがないのですが…
驚くべきことに、VS6.0はWin7で普通に動きます。何にも問題が起きないレベルで動きます。ただ、なまじ動いてしまうが故に悲劇が続くんですよね。

特にVB6.0とかはは大成功した部類のため絶賛現役稼働中な事が伺えます。

その一方運用側では

ただ、VisualStudio6.0は延長サポートですら2008年にサポート切れしています。MSDNサブスクリプションでも入手できません。環境にインストールしようと思ったら当時のCDを使うしか無いです。無くしたら終わりです。

不注意で全然なくします。無くすと会社の事業継続自体が終わります。でも、むしろVC++6.0での開発を維持している時点で終わってます。

しかし現実は厳しい

いや、本当は終わってないんです。銀行は汎用機上のCOBOLだし、原発はPDP11でVMSなんでそれに比べたらVS6.0でVC++6.0開発なんてまだ全然健全な方です。寿命の長い産業機器のライフサイクルなんて言語のサポートが終わっても普通に残るもんですからね。

もうこうなったら開発環境の維持を含めて開発要件に含めて予算化しておかないとダメなレベルですね。とはいってもHDDは普通に壊れるし、CPUですら壊れます。部品は開発時に大量に買って金庫に入れておいた方がいいですね。

まぁ開発時当初は売れるかもわからないしそんなこと全く考えないんですけどね…

その製品がどれくらい生き続けるのかは要件定義の時点で確認した方がいいですが。長期稼働するシステムにWindows使うなよって思う人が多そうですが、15年くらい経ってしまうとどの環境でも状況同じですからね…

つまり

爆発的に売れた後にリスクを忌避して環境を乗り換えない事自体がリスクです。危険性というか危険そのものなんですが。

つまり可能な限り環境がレガシーにならないように製品が生きている間は1個飛ばし位でアップデート計画を計画しましょう。*1そしてその時に痛い目に合わないように設計時に依存関係をなるべく低くしましょうというのが教訓です。

レガシー開発に巻き込まれたら

しかしある日、ボスの個室に呼ばれてそういったプロジェクトにぶち込まれる可能性は依然あります。

ただ、まぁね。ぶっちゃけ責任が無い立場なら速攻で逃げましょう。お腹が痛いですとでも言っておけば大丈夫です。

責任ある立場だった時も、お金と期間があれば移行しましょう。

一つ確実なのは、間違っても正面から受け止めて、そのまま開発してはいけません。

こういうレガシー系のシステムは仕様書が只の1枚も無いなんて普通にあります。20年くらい前の流儀で書かれたスパゲティが仕様の確率が200%です。*2

サラリーマンなのでこういうプロジェクトにぶち込まれると悲劇しかないです。知ってる人扱いされて現場ロックインなんかされたら、最新技術に2度とプロジェクトでは触れません。時が流れるとレガシーシステムしか知らない中年のオジサンになります。40歳くらいで開発がなくなったら即窓際です。関わったばっかりにリストラ候補です。マジで勘弁です。

おわりに

人を不幸にするシステム、プロジェクトクトは確実に存在します。嗅覚を働かせてなるべく関わらないようにしましょう。サラリーマンならね。

*1:毎バージョンバージョンアップすると環境の断片化が起きるのでお勧めしません

*2:100%仕様が無く当時を知る関係者が不在の確立100%です

広告を非表示にする